/

この記事は会員限定です

アステリア株主総会 議決権ネット行使にブロックチェーン導入

[有料会員限定]

ソフトウエア開発のアステリアは22日に開催した株主総会の議決権ネット行使システムに、ブロックチェーン(分散型台帳)技術を導入した。株主が行使した議決権のうち約2割がブロックチェーン経由となった。データ改ざんが難しいブロックチェーンを使うことで、信頼性を高める。

同社によるとブロックチェーンを使った議決権行使は、国内上場企業で初めて。アステリアの株主名簿を持つ三菱UFJ信託銀行の協力のもと、議決権を有する株主...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り378文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン