/

この記事は会員限定です

東急、渋谷駅の新巨大オフィスビルの稼ぐ力

証券部 松木耕

[有料会員限定]

東京急行電鉄は渋谷駅の真上に11月、地上47階建ての巨大な複合商業ビルを開業する。東京ドーム1.6個分に相当する床面積をオフィス向けに貸し出す。同社が100年に1度と呼ぶ渋谷の再開発の集大成となるビルだが、JR東日本と東京メトロ(東京地下鉄)との共同プロジェクトであることもあり、個別ビルについての収益の開示はない。どのくらいの稼ぐ力があるかを推定すると、大きな潜在力があり、株価にはまだ織り込めていない可能性がある。

11...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1344文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン