/

創業者長男の敗訴確定 ロッテグループ解任訴訟

ロッテグループ4社の社長などを不当に解任されたとして、創業者、重光武雄氏の長男、宏之氏が4社に計約6億2千万円の損害賠償を求めた訴訟で最高裁第1小法廷(池上政幸裁判長)は、宏之氏の上告を退ける決定をした。20日付。請求を棄却した一、二審判決が確定した。

判決によると、宏之氏は2014年12月~15年1月、ロッテホールディングス(HD)副会長のほか、グループ4社の副会長や社長などを解任された。

二審の東京高裁判決は、宏之氏がロッテHDの取締役会で、グループ会社の事業に関し担当者にうその説明をさせたなどと認定し「解任されてもやむを得ない理由があった」と判断した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン