/

この記事は会員限定です

国際物流大手、東南アジア拠点拡充 米中対立も追い風

[有料会員限定]

日本や欧州の国際物流大手が東南アジアでの事業展開を強化している。日本通運はマレーシアなどに大型倉庫を整備するほか、域内の越境物流も拡充し、域内の売上高を5年間で1.5倍にする。独大手ドイツポストDHLグループはタイを拠点にトラックを増やし、陸上輸送網を広げる。米中貿易戦争の影響で製造業のサプライチェーン(供給網)が変化していることに対応する。

日通がマレーシアのクアラルンプール近郊で2020年1月末にも完...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り700文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン