国際物流大手、東南アジア拠点拡充 米中対立も追い風

2019/6/21 20:06
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本や欧州の国際物流大手が東南アジアでの事業展開を強化している。日本通運はマレーシアなどに大型倉庫を整備するほか、域内の越境物流も拡充し、域内の売上高を5年間で1.5倍にする。独大手ドイツポストDHLグループはタイを拠点にトラックを増やし、陸上輸送網を広げる。米中貿易戦争の影響で製造業のサプライチェーン(供給網)が変化していることに対応する。

日通がマレーシアのクアラルンプール近郊で2020年1…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]