/

コマツ粟津工場、建機生産3年ぶり減少へ 資源国・北米向け鈍る

コマツ粟津工場(石川県小松市)は21日、2020年3月期の建設機械の生産台数が1万3010台と昨年度に比べ6%減るとの見通しを明らかにした。減少は3年ぶりとなる。海外経済の減速懸念や石炭価格の下落を背景に資源国や北米向けが鈍る。生産性向上に向けて基幹部品のライン自動化や、地元港湾を活用した輸送費の抑制に取り組む。

岡本望工場長が同日、今期の生産方針を説明した。売上高は2010億円と、過去最高を記録した昨年度を7%下回る見通し。海外向けを中心に需要が鈍っているためで、生産台数に占める輸出比率は47%と昨年度比で3.1ポイント低下。年度ベースで4年ぶりに50%を割り込む。

減少が目立つのがインドネシアや中近東といった資源国向けだ。昨年度対比で3~4割のマイナスを計画する。中国など世界経済の減速懸念を受けて原油や石炭といった資源価格が下落。宅地やインフラ開発のペースが鈍り、建機需要が伸び悩む。

北米向けも減速が鮮明で、減産規模は400~500台と見込む。米国の活発なインフラ投資や住宅着工を背景に高水準の生産を続けてきたが「在庫調整のため上期に生産を絞っている」(岡本工場長)。需要の先行きを慎重にみて昨年度比1~2割規模の生産抑制にカジを切る。

国内向けの生産はほぼ前年並みを見込む。大都市圏の再開発や25年の大阪・関西万博に関連する建築案件が需要を押し上げる一方、昨冬の降雪量が少なかったことで除雪に使うホイールローダーは減少する。

石川県内にはコマツに部品を供給するメーカーが数多く立地し、建機の減産は地元企業の収益にも影響する。建機向けのネジやボルトを生産する共和工業所は20年4月期の連結売上高が前期比8%減の95億円になると予想する。

粟津工場の今期の設備投資額は前期並みの30億円規模を想定する。生産性向上に向けた省力化投資が中心で、トランスミッションをはじめとする基幹部品の製造ラインのロボット化、板金溶接の自動化などに充てる。

輸出コストの抑制に向けて取り組んでいる金沢港(金沢市)の活用は好調で、輸出に占める同港の利用割合は18年度に過去最高となる57%を記録した。太平洋側の港を経由するより陸送費を圧縮できるうえ、地元港湾の活性化につながる。岡本工場長は「引き続き50%以上を維持したい」と話した。

(小野嘉伸)

コマツ粟津工場 国内に約10工場を持つコマツの主力拠点の一つで、敷地面積は約72万平方メートル、従業員は約2800人と国内最大規模。主に土砂の掘削に使う油圧ショベル、除雪などに使うホイールローダー、整地用のブルドーザーやモーターグレーダーといった中小型建機を製造する。トランスミッションなどの基幹部品も手掛ける。

粟津工場で生産する建機の約半分が国内向けで、残りを北米やアジア、中近東などに輸出する。小松市周辺には同工場に部品類を供給する企業が多く立地し、協力会社組織「みどり会」の加入企業は石川県に約30社ある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン