消費者物価、携帯電話が下げ圧力
5月は0.8%に伸び鈍化

2019/6/21 22:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

携帯電話の端末価格や通話料金が消費者物価指数(CPI)に下げ圧力をかけ始めた。総務省が21日発表した5月分では、価格変動が大きい生鮮食品を除く指数が前年同月比0.8%上昇と前月からプラス幅が0.1ポイント縮小した。スマートフォン端末の値下げなどで通信が4.1%低下したことが主因だ。6月から携帯電話大手2社が通信料を下げており、物価は一段と伸び悩みそうだ。

5月のCPIでは携帯電話機が4月の前年同…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]