2019年9月15日(日)

三菱UFJ銀、名古屋の新本部ビル着工 21年度に完成

2019/6/21 19:37
保存
共有
印刷
その他

三菱UFJ銀行は21日、中部地区を統括する新本部ビルの起工式を開いた。新ビルは名古屋市・錦にある旧東海銀行本店ビルの跡地に建設、2021年度の完成を予定している。低層部には中部産の磁器タイルなどの建材を採用し、中部地区のランドマークになることを目指す。

新本部ビルの低層部には磁器タイルなどを採用する(完成イメージ)

旧東海銀行本店ビルは61年に完成したが、老朽化に伴い建て替えを決定。18年8月から解体工事に着手していた。新ビルは地上10階・地下2階建てで、延べ床面積は約4万9000平方メートル。三菱UFJフィナンシャル・グループで中部地区を統括する銀行と信託銀行、証券会社を集約する。

中村昭彦副頭取は起工式後のあいさつで、「新ビルには三菱UFJ銀の貨幣資料館や外部テナントの誘致などを検討しており、地元のにぎわい創出に貢献したい」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。