/

この記事は会員限定です

山形に仙台百貨店がサテライト店で包囲網

(東奔北走)

[有料会員限定]

山形市の老舗百貨店、大沼が経営再建を目指すなか、仙台の百貨店がじわじわと影響力を増している。すでに開設済みのサテライト店を活用。藤崎は仙台で買った商品を無料で山形の店に送るサービスを強化。仙台三越も仙台や東京の店との連携を強める。大沼は防戦に努める一方、地元産品を掘り起こし販売する「地域商社」を新事業の柱に、脱百貨店で活路を見いだそうとしている。

山形市内の百貨店は中心市街地の七日町に大沼、駅前に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り926文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン