/

鹿児島相互信金理事長に永倉専務

鹿児島相互信用金庫(鹿児島市)は21日、稲葉直寿理事長(75)が同日付で退任し、永倉悦雄専務理事(61)が理事長に昇格したと発表した。

鹿児島相互信金 永倉悦雄理事長

鹿児島相互信金は職員による着服や流用などの不祥事により、2018年4月に九州財務局から業務改善命令を受け、理事4人が退任した一方、稲葉氏は再発防止などに取り組むため当面、理事長を留任し、後継者への円滑な業務引き継ぎ後に退任するとしていた。

永倉 悦雄氏(ながくら・えつお) 昭55年(80年)高崎経済大経済卒、鹿児島相互信用金庫入庫。総合企画部長、理事、常務理事経営企画部長などを経て18年専務理事経営企画統括本部長。鹿児島県出身。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン