岐阜でも早期出荷と農相 豚コレラ対策、愛知に続き

2019/6/21 18:44
保存
共有
印刷
その他

吉川貴盛農相は21日の閣議後の記者会見で、豚コレラを巡り、岐阜県でも農場の豚を早期出荷して豚舎を空にする対策を実施すると明らかにした。実施に応じる意向が確認されている2農場が当面の対象になる。実施時期は県と詰める。愛知県での実施は既に決まっていた。

ただ農林水産省の基準によると、既に殺処分を行った施設を除き、岐阜県内で早期出荷の対象となる地域に約20戸の農場があり、実施のめどが立ったのは一部にとどまる。対象農場の拡大に向けて調整を続ける。吉川氏は「豚コレラ終息に引き続き取り組んでいく」と述べた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]