2019年8月19日(月)

国民年金の目減りこそ問題 低所得のフリーターは深刻
編集委員 吉田ありさ

2019/6/23 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

老後に2000万円不足するとした金融庁の報告書をめぐる騒動は、国民の年金不安の根深さを浮き彫りにした。ただ、報告が平均像とした高齢夫婦は月19.2万円の年金を受け取る。全国民共通の基礎年金に加え、会社員の厚生年金もある。老後が厳しくなるという点では、厚生年金に入れず国民年金に頼らざるを得ない人だ。国民年金の目減り問題にこそ目を向ける必要がある。

【関連記事】 年金は天から降ってこない 罪作りな「100年安心」

国民年金は定年がなく老後も事業収入を見込める自営業者向け制度だが、今はパートなどの勤め人が加入者の4割…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。