2019年7月22日(月)

エアバス「戦わずして勝つ」 新小型機構想を披露

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
自動車・機械
ヨーロッパ
北米
2019/6/22 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

欧州エアバスが小型機市場で攻勢に出ている。パリ国際航空ショーで新型小型機「A321XLR」の構想を披露した。2023年に運航を始める予定だ。米ボーイングは小型機「737MAX」の墜落事故の対応に追われ、次世代機構想も進展がない。新型機開発でボーイングが出遅れる「敵失」を逃さず、主戦場の小型機市場で独走態勢を固める。

■「ボーイングの次世代機構想つぶしだ」

A321XLRはエアバスの人気小型機「A3…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。