/

この記事は会員限定です

円高の震度左右 FRBの「後出しじゃんけん」

編集委員 清水功哉

[有料会員限定]

よりによって7月の次回会合が米国側の「後出しじゃんけん」になるとは――。日銀が巡り合わせの悪さに困惑している。

米国の利下げ開始の有無に関心が集まる7月には、日米それぞれの金融政策を議論する会合が1日違いのタイミングで開かれる。問題は順番。日銀が先で、米連邦準備理事会(FRB)が後なのだ。具体的には、日銀金融政策決定会合が29~30日で、米連邦公開市場委員会(FOMC)は30~31日。日銀は米側の決定...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1376文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン