2019年7月24日(水)

小田急、データ共有で広域企業連合 観光や物販で
XaaSの衝撃

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
ネット・IT
サービス・食品
北海道・東北
南関東・静岡
九州・沖縄
2019/6/24 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

次世代移動サービス「MaaS(マース)」の運営主体として本命視される鉄道会社。人手不足に加え、少子高齢化による沿線人口の減少への危機感が各社の背中を押す。MaaSアプリの開発速度を上げようと、先行する小田急電鉄は提携企業と築いたデータ基盤を開放する。データを核にした広域企業連合の形成も視野にあるようだ。

■5社をデータ連携の対象に追加

5月27日、小田急はMaaSアプリ向けの共通データ基盤「Maa…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。