2019年9月18日(水)

賤ケ岳リフト 7月に営業再開、奥伊吹観光が運営

2019/6/21 16:51
保存
共有
印刷
その他

スキー場や豪華キャンプ施設運営の奥伊吹観光(滋賀県米原市)は運休中の賤ケ岳リフト(同長浜市)の事業を近江鉄道(同彦根市)から譲り受けた。譲渡額は非公表。奥伊吹観光は復旧工事を実施し、7月6日から営業を再開する予定。あわせて賤ケ岳山頂地域の施設拡充などに乗り出す。

奥伊吹観光に譲渡が決まった賤ケ岳リフト。現在は土砂崩れにより運休中(滋賀県長浜市)

長浜市木之本町にある賤ケ岳リフトは2018年3月に発生した土砂崩れの影響で運休している。近江鉄道は再開に向けて検討をしてきたが、技術者不足などで困難と判断。リフト運営のノウハウを持つ奥伊吹観光に譲渡することにした。

奥伊吹観光は琵琶湖をのぞむ景観や、同地区が羽柴秀吉と柴田勝家による賤ケ岳の戦いの古戦場としても知られているなど歴史的価値を評価。今後、山頂地域でのテラス建設やアスレチック施設などの設置も計画し、若い世代の集客掘り起こしに力を入れる。

賤ケ岳リフトは1959年8月に開業。全長は512メートルで、賤ケ岳の麓から山頂を結ぶ。ピーク時の2011年度には約3万8000人の利用があったが、運休直前の17年度は約1万7000人にとどまっていた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。