/

この記事は会員限定です

選択的夫婦別姓、法制化を 都内自治体、意見書相次ぐ

政府の議論に影響も

[有料会員限定]

結婚する際に同姓も別姓も選べるようにする選択的夫婦別姓を巡り、東京都内の地方議会で国に法制化を求める動きが活発化してきた。住民からの請願や陳情に基づき、意見書を可決する自治体が相次いでいる。意見書の内容を国に従わせる法的拘束力はないものの、草の根の動きが将来的に政府・与党内の議論や最高裁の判例に影響を与える可能性がある。

19日の東京都議会の定例会最終日。都民から寄せられた1本の請願が賛成多数で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り743文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません