ユニバーサルデザインの未来(1) 誰にもやさしい環境を創る
東京都市大学准教授 西山敏樹

2019/6/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

社会人講座で受講生に聞くと、「バリアフリー」という用語は知っているが「ユニバーサルデザイン」は知らない、という方がいまだに多くいます。バリアフリーは空間や製品、サービス等のバリアーを特別な装置や人的対応で補ったり、バリアー自体をカットしたりする考え方です。

例えば従来のバスには多くのステップがありましたが、車いすでも乗れるよう1990年代にはリフトを後から特別に付けたバスが登場しました。「後から…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]