/

この記事は会員限定です

九電、送配電20年春分離「価格維持へ努力」

老朽化設備の改修課題に

[有料会員限定]

電力会社の送配電部門と発電部門と切り離す「発送電分離」まで残り10カ月。九州電力は4月に送配電部門の事業承継子会社、九州電力送配電(福岡市)を設立し、業務移管を準備している。社長に就任した山崎尚取締役に聞いた。

――2年間の社内カンパニーを経て新会社に変わります。

「社内カンパニーでは送配電部門と内燃部門が連携して業務に取り組んできた。縦割りなところがあった配電部や電力輸送本部などの壁を崩そうとしてきた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り790文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン