/

愛玩動物看護師法が成立 看護師に国家試験

動物病院で獣医師を補助する動物看護師の国家資格を創設する愛玩動物看護師法が21日、参院本会議で全会一致で可決、成立した。獣医師の業務が増えており、獣医師を支援する看護師の質の向上を目指す。

これまで動物看護師は民間団体による認定資格があったが、資格がなくても勤務できた。今後は国家試験に合格しなければ「動物看護師」と名乗れない。国家試験に合格した動物看護師は獣医師だけに認められていたマイクロチップの挿入や採血、投薬などができるようになる。

犬や猫へのマイクロチップ装着を義務化する改正動物愛護法が今国会で成立した。現在、民間の資格保有者は約2万人いるが、今後ニーズが高まるとみられる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン