/

この記事は会員限定です

高度プロフェッショナル制度、企業導入に高いハードル

解説 働き方改革関連法

[有料会員限定]

高度プロフェッショナル制度は高度の専門知識を持ち、高い年収を得る一部の専門職を対象に、労働時間の規制を外す仕組みだ。研究職など付加価値の高い仕事をする人を対象に生産性を高める狙いだが、適用条件が厳しく、導入企業は現時点で少数にとどまる。

労働基準法は法定労働時間を1日8時間、週40時間と定めている。これを超えた場合、企業は残業代を支払う必要がある。高度プロフェッショナル制度は労働時間と賃金のリンク...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り749文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン