2019年7月20日(土)

陸自ヘリが駐屯地に不時着 機体損壊、東京・立川

社会
2019/6/21 12:24
保存
共有
印刷
その他

21日午前9時55分ごろ、陸上自衛隊立川駐屯地(東京都立川市)の飛行場で、訓練中に着陸しようとしたUH1J多用途ヘリコプターが不時着し、機体後部を損壊した。操縦士と副操縦士の2人が乗っていたが、けがはなかった。炎上はしておらず、破損した部品も駐屯地の外に出ていない。

陸上自衛隊立川駐屯地で不時着し、機体後部を損壊したヘリコプター(21日午前10時59分、東京都立川市)=共同

陸自によると、ヘリは緊急時に安全に着陸する手順を確認する訓練をしており、着陸しようとした際、何らかの原因でバランスを崩した。機体後部が折れ、主回転翼の羽根も外れるなどした。

岩屋毅防衛相は閣議後の記者会見で、詳細は確認中だとした上で「周辺住民の皆さまにご心配をおかけし申し訳ない」と陳謝した。多用途ヘリは、有事や災害時の人員、物資輸送、救助などさまざまな目的で使用される。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。