2019年7月17日(水)

ソフトバンクG、法人税ナシ 税法の盲点は

社会
2019/6/21 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ソフトバンクグループは英アーム・ホールディングス株取得を巡り巨額欠損金を計上

ソフトバンクグループは英アーム・ホールディングス株取得を巡り巨額欠損金を計上

ソフトバンクグループ(SBG)が2018年3月期に巨額の税務上の欠損金を計上し、日本国内で法人税を支払っていなかったことが明らかになった。会計上の純利益が1兆円を超える企業が、税務上は赤字となる税法の盲点は何だったのか。

【関連記事】ソフトバンクGが修正申告 子会社株移動、税法に課題

▼2兆円を超す欠損金

SBGの18年3月期の決算では、連結純利益(国際会計基準)は1兆389億円、単体でも2046億円の純利益を計上していた。ところが、同期の税務申告では、課税対象となる所得がないとして法人税を納めていなかった。

企業の経営成績や財務状況を明らかにする会計と、ルールに従って納税するための税務申告は目的が異なり、利益や損失を計上するタイミングなどに違いがある。

SBGで会計上の利益と税務上の所得に大きなズレが生じる原因となったのは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。