2019年7月21日(日)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,466.99 +420.75
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,380 +370

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

7月19日(金)14:20

大日本住友が豪iPS企業に買収提案 約200億円[映像あり]

メルカリ 業績観測報道「戦略的事業へ投資で費用増」

7月19日(金)13:00

[PR]

米国・欧州株概況

米S&P株価指数が最高値 米利下げ期待で

北米
2019/6/20 22:35 (2019/6/20 23:19更新)
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=後藤達也】20日の米株式相場が続伸して始まった。S&P500種株価指数は午前10時すぎ(日本時間午後11時すぎ)に前日より30ポイント高い2956を付け、4月末に付けた史上最高値を更新した。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が19日、状況次第で利下げに転じる考えを示し、リスクをとる動きが活発化している。

6月は米株高が続いている=ロイター

ダウ工業株30種平均も前日より250ドルほど高い2万6750ドル程度で、昨年10月に付けた史上最高値(2万6828ドル)にあと100ドル弱に迫った。キャタピラーやエクソンモービルなどの株価上昇が目立つ。

米国株は5月末に直近の安値を付けてから、上昇基調に転じた。ダウ平均の6月の上昇幅は2000ドル近くになり、世界の株式相場のけん引役となっている。米景気の減速懸念は根強いものの、利下げが支えるとの前向きな見方の方が優勢になっている。28~29日の20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)では米中首脳会談も開かれる見通しで、貿易協議が前進するとの期待も出ている。

金融市場は7月の米利下げを確実視しており、通常の0.25%ではなく、1度に0.50%利下げするとの予想も出始めている。19日には米10年物国債利回りが一時1.97%まで低下し、2年7カ月ぶりに2%を割り込んだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。