/

この記事は会員限定です

「トランプ米大統領と会談の用意」プーチン氏

核軍縮や2国間関係の正常化など

[有料会員限定]

【モスクワ=石川陽平】ロシアのプーチン大統領は20日の国民との直接対話で、トランプ米大統領と近く会談する可能性について「米国に関心がある限り、われわれには応じる用意がある」と述べた。話し合うテーマとして、核軍縮や悪化している2国間関係の正常化を挙げた。

トランプ大統領はプーチン大統領の直接対話に先立ち、28、29両日に大阪で開く20カ国・地域首脳会議(G20サミット)でプーチン氏、習近平・中国国家...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り238文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン