2019年7月18日(木)

中部5県、輸出額2%減、5月、自動車部品振るわず

中部
2019/6/20 20:06
保存
共有
印刷
その他

名古屋税関が20日発表した5月の管内貿易概況(速報)によると、中部5県(愛知、岐阜、三重、静岡、長野)の輸出額は1兆4590億円と前年同月比2%減だった。マイナスは4カ月ぶり。中国を含むアジア向けの減少が響いた。自動車部品や石油製品の落ち込みが目立った。

中国向けの輸出額は同比9%減の2189億円だった。3カ月連続で減った。自動車部品や金属加工機械、半導体製造装置が低調だった。中部企業は中国で製品を加工する需要を取り込んで輸出を伸ばしてきたが、米中貿易摩擦の影響で中国需要は落ち込んでいる。

米国向けの輸出額は同8%増の4171億円だった。自動車と原動機は5カ月連続で増加した。欧州連合(EU)向けも3%増え、2108億円だった。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。