2019年7月16日(火)

中部空港、新ターミナルの商業施設 訪日客向け、機能を重視

サービス・食品
中部
2019/6/20 19:45
保存
共有
印刷
その他

中部国際空港(愛知県常滑市)は20日、9月に開業する格安航空会社(LCC)向けの第2ターミナルの商業施設の概要を発表した。化粧品や酒、たばこを取り扱う免税店やドラッグストアなど14店舗が出店する。機能性や利便性を重視し、格安サービスの提供につなげる。中国や韓国、東南アジアからの訪日外国人(インバウンド)の需要に対応する。

2階建て施設の売り場の総面積は1100平方メートル。国際線の出発エリアには外国人向けの免税店や薬、電化製品を販売する店舗をそろえた。飲食店はカフェなど3店舗のみで、新ターミナルに直結する複合商業施設「フライト・オブ・ドリームズ(FOD)」への利用を促す。

FODには米シアトルで人気のレストランやスイーツなど多彩な店舗が日本初出店。シアトルの町中の気分を演出する趣向だ。

出発ロビーと到着ロビーには、Wi-Fiレンタルや宅配サービス、コンビニエンスストアなど機能性を重視した店舗がそろう。使用料などのコストを最大限抑え、格安航空券を利用する訪日客に気軽で充実したサービスを提供する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。