/

この記事は会員限定です

バナナが6日間、黒くならない包装フィルム 愛媛で開発

[有料会員限定]

機能性フィルム製造のアイム(愛媛県四国中央市)は青果物の鮮度を長持ちさせる包装用フィルムを開発した。オリゴ糖の一種で表面を加工し、青果物が自ら放出し熟成・腐敗の原因となるエチレンガスや酸素を吸着することで傷みを防ぐ。保存期間延長や食品ロス削減につながるとして製袋メーカーに販売し、2020年9月期の事業売上高1億円を目指す。

アイムが開発した鮮度保持フィルム「アイッシュ」は、一般的な食品包装に使用す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1037文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン