2019年9月16日(月)

5月の紙・板紙国内出荷3.3%減

2019/6/20 19:42
保存
共有
印刷
その他

日本製紙連合会(東京・中央)が発表した5月の紙と板紙の国内出荷量は192万5千トンで、前年同月に比べて3.3%減った。前月の増加から減少に転じた。紙は2.8%減の101万9千トンで24カ月連続の前年割れ。営業日数が前年より2日少なかった影響で、板紙も3.9%減の90万6千トンとマイナスに転じた。

紙の出荷量では印刷情報用紙が1.3%減の56万4千トンで、5カ月連続でマイナスだった。包装用紙は5.3%減の5万7千トン。10連休前に出荷が増えたため、反動減となった。

板紙は3.9%減の90万6千トン。前月の増加からマイナスに転じた。加工食品向けが振るわず、段ボールの原料である段ボール原紙が4.1%減の72万8千トンだった。ただ、営業日数が少ない影響もあり、「需要の基調は変わらない」(日本製紙連合会)という。

紙と板紙の輸出量は合計で34.2%減の9万6千トンで、7カ月連続の減少だった。アジア向けが減った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。