/

即位礼の高御座と御帳台、12月以降に一般公開

東京国立博物館と京都御所で

新天皇即位を内外に示す10月22日の即位礼正殿の儀で天皇陛下が昇られる高御座(たかみくら)と皇后さまの御帳台(みちょうだい)は12月以降に一般公開する。東京国立博物館(東京・台東)と京都御所で計40日間、展示する。

高御座は黒漆塗りの浜床を土台に八角形の床板と8本の円柱が大屋根を支える構造になっている。東京では12月22~25日と2020年1月2~19日に、京都では20年3月1~22日にそれぞれ無料で公開する。

18年9月に京都御所から陸路で運び、現在は皇居で修復中だ。平成の代替わりでは過激派による攻撃を懸念して自衛隊のヘリコプターで運んだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン