イッセイミヤケが勝訴 類似バッグの販売中止命令

2019/6/20 18:22
保存
共有
印刷
その他

人気バッグの類似商品を販売したとして、アパレル会社「イッセイミヤケ」(東京)が婦人雑貨販売会社「ラルジュ」(同)に販売の差し止めと約1億1千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(柴田義明裁判長)は20日までに、販売差し止めと約7千万円の支払いを命じた。判決は18日付。イッセイミヤケへの取材で分かった。

同社によると、地裁判決はラルジュのバッグとポーチについて、中に入れる荷物に合わせて外観が立体的に変形する特徴が、ブランド「バオバオ イッセイミヤケ」の商品と似ており、消費者が混同すると認定した。

イッセイミヤケは13日、類似のバッグを販売しているとして、婦人バッグ販売会社「バルコス」(鳥取県倉吉市)に販売の差し止めを求める仮処分を東京地裁に申し立てている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]