出雲の「木綿街道」集客へ 酒蔵跡に古民家ホテル

2019/6/21 8:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

島根県出雲市の飲食店経営者らは、同市平田町の「木綿街道」の活性化に乗り出す。廃業した酒蔵の跡地に今秋、古民家を改築した宿泊施設と、麺類などを提供する飲食店を開業する。木綿街道は江戸時代などにつくられた古い街並みが残る観光地だが、最近は空き家が目立ち、集客力が課題となっている。施設を新たな地域の拠点として活用し、にぎわい創出につなげる。

事業主体は飲食店経営や製麺業の玉木製麺(出雲市)の玉木暢社長…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]