京王電鉄など、自社ビルのスペースを時間貸し

2019/6/20 17:09
保存
共有
印刷
その他

京王電鉄は東京・新宿で、自社の不動産を活用した会議室などの「時間貸し」事業を始めた。時間貸し仲介サイト運営のスペースマーケット(東京・新宿)と組み、京王の所有するビルの中に「シェアリングスペース」を開設した。今後、不動産事業の一分野として時間貸し事業を広げ、沿線の活性化につなげる。

会議やパーティー、写真撮影など幅広い利用を見込む

第1弾として、京王線新宿駅から徒歩1分の「新宿南口ビル」で「KICHI by WARP」を開業した。広さ35.7平方メートルの「シェアリングスペース」1室と、机やイスを備えた「内装付きオフィス」2室の計3室ある。会議や打ち合わせのほか、パーティー、撮影など幅広い利用を想定する。

時間貸しの料金は7月末までオープニング価格とし、平日は1時間あたり最低1500円に設定した。土曜日曜祝日は同2500円から(いずれも税別)とした。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]