/

この記事は会員限定です

先端人材に選ばれる自治体に 小紫雅史氏

奈良県生駒市長

[有料会員限定]

地方公務員の2020年度新卒採用はこれからヤマ場を迎えるが、選考時期を早めた奈良県生駒市ははや終盤戦だ。私は採用説明会で学生に「君たちが退職するまでの40年間、終身雇用制度が続くはずがない」と断言している。公務員の職に安定を求めるような若者をけん制する思いからだ。

地方自治体を取り巻く環境は激変している。人口増に伴い税収が増え、国に従っていればよい時代は終わった。人工知能(AI)やロボットの進化...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り869文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン