/

サッカー王国破る「奇跡」 1996年アトランタ五輪

年代別大会を含めてサッカー男子の日本が世界大会で王国ブラジルを破ったのは一度だけ。「マイアミの奇跡」と呼ばれる1996年アトランタ五輪の初戦だ。

優勝候補のブラジルを破る「マイアミの奇跡」を演じ、飛び上がって喜ぶGK川口能活ら日本五輪代表チーム=共同

相手はFWロナウドやSBロベルトカルロスに加えて、オーバーエージ枠で2年前の米国ワールドカップ(W杯)優勝メンバーのFWベベトらが入ったスター軍団。防戦一方となった日本だが、GK川口能活が驚異的なセーブを連発してゴールを死守し続けた。

そして72分。左サイドの路木竜次が送ったロングボールの処理でDFアウダイールとGKジダが交錯。こぼれたボールをMF伊東輝悦が押し込み決勝点となった。

次戦では金メダルを獲得するナイジェリアに敗戦。2勝1敗で3チームが並び、得失点差で3位となり1次リーグ敗退に終わった。大会後には守備的戦術を「積極性が足りない」と批判されたが、大きな経験を積んだ中田英寿や川口ら6人が後にW杯代表へ飛躍。西野朗監督は22年後のロシアW杯で日本を16強に導くことになる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン