小野薬品の株主総会、「説明責任果たしていない」
本庶氏との対立巡り 株主から意見

2019/6/20 15:50
保存
共有
印刷
その他

小野薬品工業が20日、大阪市内で株主総会を開いた。同社は本庶佑・京都大学特別教授と、がん免疫薬の特許への対価を巡り対立している。相良暁社長は総会で「ご心配をおかけした」としつつ、「当事者同士で話し合うべき事で、この場では言えないことがある」と詳細な説明は避けた。株主からの質問では対立や株価の低迷を問題視する声が相次いだ。

がん免疫薬の対価を巡る質問が相次いだ(20日、大阪市)

株主からは「本庶氏との当初の契約内容を知りたい」との声が多かったが、具体的な説明はなかった。

福岡県久留米市から来た60代の男性は「株主への説明責任を果たしていない。危機管理対応もお粗末だ」と苦言を呈した。そのうえで「契約は契約。本庶氏が見直しを求めることもおかしい」と話した。本庶氏が小野薬品の提訴を検討していることについても、京都市の60代男性は「裁判になっても契約があるので、小野薬品が勝てるのではないか」と話した。

一方で「株主への分け前が減るが、当初契約の経緯次第では寄付も仕方ない」(大阪市の70代男性)との声もあった。対立の解消を求める声は少なくない。大阪市の50代女性は「今後の医学のためには少額でも毎年寄付し、ウィンウィンの関係になった方がいい」と話す。京都市の20代女性は「薬自体に価値はある。対立の話よりも、患者のために副作用をどうするかなど本業の話を聞きたかった」と述べた。

小野薬品は総会後、「株主からの声を踏まえて本庶氏側との話し合いを続けていく」とコメントした。この日の総会には前年と比べ355人少ない553人が出席し、所要時間は98分(前年は116分)だった。意見や質問を表明した株主は9人(同14人)だった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]