/

アルツハイマー関与の変異 免疫活性化遺伝子で発見

日本人のアルツハイマー病発症に関わるとみられる遺伝子変異を国立長寿医療研究センター(愛知県大府市)などのグループが見つけ、20日付の米科学誌に発表した。免疫反応に関わる遺伝子で、グループは発症リスクの予測や治療薬開発などにつながると期待している。

グループによると、アルツハイマー病は生活習慣や遺伝的要因などが絡んで発症すると考えられるが、詳しい発症メカニズムは分かっていない。これまで白人での発症に関わる遺伝子変異は見つかっていたが、日本人でこの変異を持つ人はほとんどおらず、別の要因があると考えられていた。

グループは、既に病気と関係があることが知られている遺伝子を持っていないのに発症した患者約200人のゲノム(全遺伝情報)を解析。発症との関連が疑われる7種類の遺伝子変異を絞り込んだ。

さらに、患者と患者でない人計約2万1千人のゲノムを調べ、7種類のうち、免疫反応を活性化させる「SHARPIN」という遺伝子の変異が発症と関わりが深いことを確認。この変異がある人は、ない人よりも6倍、アルツハイマー病になりやすかったという。

長寿研メディカルゲノムセンターの尾崎浩一部長は「脳内での免疫機能の低下が、発症リスクを高めている可能性がある」と話している。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン