/

この記事は会員限定です

商船三井 インド国営ガスとLNG契約 環境対策を支援

[有料会員限定]

商船三井はインドの国営ガスGAIL社と同国向けの液化天然ガス(LNG)輸送の複数年契約を結んだ。まずは1船で契約し、北米産のシェールガスを2020年中にもインドに年間50万トン程度輸送するとみられる。1船あたり30億円程度の年間売上高が見込め、今後も契約船数を増やしたい考えだ。20日午後に発表する。

世界的なLNG需要の増加で、用船市場では長期契約に加えてスポット需要も伸びるとみられる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り191文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン