2019年9月21日(土)

「新紙幣フィーバー」続いて ゆかりの地備え
受け入れ態勢 充実急ぐ

2019/6/20 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2024年度に20年ぶりに刷新される千円、5千円、1万円の各紙幣。それぞれの図柄に採用された人物のゆかりの地では、観光客の受け入れ態勢を整え、"新紙幣フィーバー"が続くような取り組みを検討するなど準備が始まっている。すでに観光客が10倍に増えた施設ではトイレなど設備不足も。5年後の切り替えを前に、ゆかりの地は対応を急いでいる。

「近代医学の父」と称される北里柴三郎の故郷、熊本県小国町。町内の北里…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。