/

この記事は会員限定です

「新紙幣フィーバー」続いて ゆかりの地備え

受け入れ態勢 充実急ぐ

[有料会員限定]

2024年度に20年ぶりに刷新される千円、5千円、1万円の各紙幣。それぞれの図柄に採用された人物のゆかりの地では、観光客の受け入れ態勢を整え、"新紙幣フィーバー"が続くような取り組みを検討するなど準備が始まっている。すでに観光客が10倍に増えた施設ではトイレなど設備不足も。5年後の切り替えを前に、ゆかりの地は対応を急いでいる。

「近代医学の父」と称される北里柴三郎の故郷、熊本県小国町。町内の北里柴...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り987文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン