1~2分間で7カ所に傷 拳銃強奪容疑者、強い殺意か

2019/6/20 10:34
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大阪府吹田市の交番前で警察官が刺されて拳銃が強奪された事件で、逮捕された飯森裕次郎容疑者(33)が、近くの私鉄駅員から110番通報が入るまでの1~2分間で7カ所以上刺すなどしていたことが20日、捜査関係者への取材で分かった。左胸の刺し傷は深さ約11センチに達しており、府警は強い殺意を持って襲ったとみて調べを進めている。

飯森容疑者は16日午前5時28分ごろ、現場近くに実家がある同級生の名前を使っ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]