日経商品指数17種

(1970年平均=100)
10月17日 145.749 +0.088

[PR]

商品ニュース

NY金、一時5年10カ月ぶり高値 金融緩和期待受け

2019/6/20 9:34
保存
共有
印刷
その他

金の国際価格が上昇し、20日に一時、5年10カ月ぶりの高値をつけた。前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)を受け、年内の利下げ観測が一段と強まったことが買い材料視された。声明文では米景気への不確実性を指摘する文言が盛り込まれ、安全資産とされる金への資金流入が続くと見込んだ買いも増えた。

ニューヨーク先物は日本時間20日朝時点の時間外取引で一時、1トロイオンス1397ドルをつけた。前日の終値に比べ約50ドル高く、2013年9月以来の高値だ。

政策金利は据え置かれたものの、FOMC参加者の多くが年内に利下げが行われるとの見方を示した。金利低下で利息を生まない金への資金流入が促されるとの期待感が買いを呼んだ。外国為替市場で主要通貨に対するドル安が進行し、ドル建てで取引する金の割安感を意識した買いも上昇につながった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム