国連事務総長、サウジ記者殺害「透明性のある調査を」

2019/6/20 5:06
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=吉田圭織】国連のグテレス事務総長は19日、サウジアラビア人記者のジャマル・カショギ氏の殺害を巡り、「透明性のある調査を呼びかけている」と報道官を通じて明らかにした。国連のカラマール特別報告者は同日、事件に関する調査結果を公表し、事務総長に事件の捜査を開始するよう勧告した。

グテレス事務総長=国連提供

報道官によると、事務総長には国際的な調査を開始する権限はない。調査は「加盟国による要請、もしくは安全保障理事会で調査を呼びかける決議の採択が必要」と説明した。

カラマール氏は、6カ月の調査を経て、サウジのムハンマド皇太子の関与を捜査する必要性を示す「信頼できる証拠」があるとの結果を公表した。同報告書は26日に開幕する国連人権理事会で討議される。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]