/

この記事は会員限定です

和歌山の農業、起業家のアイデアで弱点克服へ

関西共創(中)地域×スタートアップ

[有料会員限定]

ウイーン。機械音を響かせた小型装置をリュックサックのように担いだ梅農家が、容器をひっくり返して収穫した梅をサイズの選別機に入れていく――。和歌山県で7月上旬、農作業の負担軽減に向けた実証実験が始まる。同県が歩行や重量物を持ち上げる動作を補助するパワーアシストスーツを高齢農家に貸し、負担や作業時間がどれくらい減るかを確かめる。

アシストスーツは約5キログラムで、腰や太ももに巻いたベルトを通じて足腰...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1065文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン