日経商品指数17種

(1970年平均=100)
8月5日 140.690 +0.080

[PR]

商品ニュース

金と白金 価格差が過去最大 米国発リスクで強弱鮮明

2019/6/20 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

代表的な貴金属である金とプラチナ(白金)の価格差が広がっている。金が米国の利下げ観測を受けて20日に一時5年10カ月ぶり高値をつける一方、実需が鈍い白金は安値が続く。価格差は1トロイオンス550ドル超と過去最大に開いた。米国発の貿易摩擦や地政学リスクに身構える投資家が金買い・白金売りに動き、相場に強弱をもたらしている。

金のニューヨーク先物は5月末から上昇基調を強め、20日の取引で一時1トロイオ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム