2019年8月25日(日)

JDI、米アップル向け売上高 全体の6割に

2019/6/20 0:00
保存
共有
印刷
その他

経営再建中のジャパンディスプレイ(JDI)の売上高に占める米アップル向けの比率が、2019年3月期で6割になったことが19日、わかった。16年3月期に5割を超えてから横ばいが続いたが、前期で6割を超えた。JDIを巡っては金融支援を巡る交渉が難航している。アップルに依存する収益体質の脱却も課題になりそうだ。

19日に開示した前期の有価証券報告書で明らかになった。前期はJDIがパネルを供給したアップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)XR」の販売が伸びず、アップルがパネル発注を減らした。そのため、アップル向けの売上高は3856億円と前の期比2%減った。

しかし、アップル向け比率はむしろ高まった。中国スマホ向けが苦戦し、車載パネル向けなどで補えなかったのが原因とみられる。アップル向け比率は60.6%(前の期は54.9%)になった。

JDIは、アップルにとって最大のスマホ液晶パネルの調達先で、年内にスマートウオッチ向け有機ELパネルの調達も始まる計画とみられる。アップルは5月末、JDIの再建スポンサー確保を後押しするため、JDIが工場建設のためにアップルから借りた資金の返済を一部猶予するなどの支援策を用意した。

だが、JDIへの金融支援を予定していた台湾タッチパネル大手の宸鴻光電科技(TPK)が交渉離脱を決めるなど、スポンサー探しは再び難航している。スポンサーの確保に向けて、アップルの動向は引き続き焦点になりそうだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。