2019年7月19日(金)

東南アで段ボール競争激化 王子HD先行、中国勢もシフト

環境エネ・素材
2019/6/20 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東南アジアで段ボールを巡る競争が激しさを増している。国内製紙最大手の王子ホールディングス(HD)やレンゴーに加え、中国大手や現地企業も増産に乗り出す。経済成長する東南アジアでは段ボール需要が急拡大中。国内の印刷用紙が落ち込む中、王子HDは段ボールで稼ぎながら次の柱を育てる戦略で、新興市場での覇権争いが今後の成長を左右する。

段ボールの国内需要はネット通販の拡大で堅調だが、伸び率は年1%程度にとど…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。