2019年7月16日(火)

地上イージス調査、山口も再調査 秋田に加え

政治
2019/6/19 23:18
保存
共有
印刷
その他

防衛省は19日、地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備に関する調査を全面的にやり直す方針を固めた。調査に誤りがあった陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)に加え、もう1カ所の候補地である山口県の陸自むつみ演習場(萩市、阿武町)周辺の国有地でも現地の測量調査を実施する。

同日開いた整備推進本部(本部長・原田憲治本部長)の初会合で方針を確認した。調査し直す国有地は新屋、むつみ両演習場を「適地」と判断した調査で、米グーグルの衛星地図ソフト「グーグルアース」を使用して周囲の山や台地の高さを測っていた。イージス・アショアが発する電波を遮る遮蔽物があるなどの理由で「不適」と判断していた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。