2019年7月19日(金)

甲武信、エコパーク登録 ユネスコ決定、国内10地域 環境保全や観光に期待

社会
2019/6/19 22:43
保存
共有
印刷
その他

国連教育科学文化機関(ユネスコ)は19日、フランス・パリで会合を開き、埼玉、東京、山梨、長野4都県にまたがる「甲武信」地域を、自然と人間の共生を目指す生物圏保存地域「エコパーク」に登録することを決めた。

国内では「みなかみ」(群馬、新潟)「祖母・傾・大崩」(大分、宮崎)以来2年ぶり10地域目。環境保全に向けた国際協力や、知名度向上による観光振興などの効果が期待される。

甲武信地域は標高2475メートルの甲武信ケ岳を中心とした山岳地帯で、総面積は約19万ヘクタール。荒川など関東の主要河川の水源で多様な動植物が生息し、とりわけチョウ類の希少種の宝庫とされる。

日本ユネスコ国内委員会が2018年3月に推薦を決め、同9月に申請書を提出。専門家からなるユネスコ諮問委員会は今年5月、林産物の持続的な活用などを評価し、登録を勧告した。

国内のエコパークは只見(福島)や白山(富山、石川、福井、岐阜)、屋久島・口永良部島(鹿児島)など9地域が登録済み。国内委によると、現在エコパークに推薦している地域はほかにないという。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。