イオン、東電と災害時支援で協定 店舗敷地で復旧作業

2019/6/19 21:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

イオンは東京電力ホールディングスと災害時に協力する協定を結ぶ。関東圏に持つ約110の総合スーパー(GMS)の駐車場を東電に貸し、停電などの復旧拠点として使うのが柱。病院や一時避難所への送電に役立てる。現場作業員への食料も提供する。2018年の北海道胆振東部地震などに続き、6月18日には新潟県村上市で震度6強の地震も起きており、大規模災害への備えの重要性が高まっている。

東電によると、同社が流通企…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]