2019年8月23日(金)

北海道の輸出額、5月38%減 ホタテ不漁響く 函館税関

2019/6/19 19:58
保存
共有
印刷
その他

函館税関が19日発表した5月の北海道外国貿易概況(速報)によると、輸出額は前年同月比38%減の183億1600万円で6カ月連続のマイナスとなった。甲殻類・軟体動物が19億3400万円と46%減り、中国などに輸出される内浦湾(噴火湾)産ホタテの不漁が依然響いている。

自動車部品は63%減の19億1500万円で12カ月連続のマイナス。キシレンを含む鉱物性タール・粗製薬品の輸出額が、前年同月の21億9900万円からゼロになった。石油化学製品を生産していたJXTGエネルギー室蘭製造所(室蘭市)が物流拠点に転換した影響とみられる。

道全体の輸入額は10%減の1157億8300万円。フランスから航空機類(約197億円)が輸入されたが、原油・粗油や石油製品、石炭の減少が大きかった。

函館港では、今年1月以降のイカ輸入額が累計16億2900万円と前年同期の3倍に増えた。函館で水揚げされるスルメイカが近年不漁で、輸入イカを使う加工・販売会社も多い。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。